養蚕用蚕種から研究用蚕の製造・販売

蚕種製造の伝統技術を今に伝え次代に活かす

高原社の研究用蚕は、清浄環境で飼育しています。交雑種はもちろん原種も、全令人工飼料で育てていますので、野外昆虫から感染される微粒子病等の心配がありません。1令~5令起蚕までご希望の大きさで販売します。

TEL:0263-32-3015
メールでのお問い合せはこちら

> > 養蚕用蚕種から研究用蚕の製造・販売

keyvisual

清浄環境&完全人工飼料で育てています

蚕の利点

  1. 1. 低コスト哺乳類に比べて低コストで実験可能です
  2. 2. 実験が容易動きが遅く噛むこともないため作業が容易です。さらに氷水に数分入れる等の低温では動かなくなります
  3. 3. 結果が早い成長が早く哺乳類に比べ小さいため、少量の試料で結果が得られます
  4. 4. 管理が容易研究用蚕は家蚕なので自然界(屋外)では生存できず、バイオハザードの心配が少ないです
  5. 5. 倫理観動物での実験は減少傾向にあります

高原社の蚕

  1. 1. 通年販売します
  2. 2. 3令起蚕、5令起蚕を販売します
  3. 3. 全令人工飼料育なので、桑のない時期も研究可能です
  4. 4. 全数検査なので微粒子病等の心配がありません
  5. 5. 清浄環境で飼育しています
令起 体長 体重
1令(蟻蚕) 約  3mm 約 0.0005g
2令起蚕 約  7mm 約 0.006g
3令起蚕 約 10mm 約 0.040g
4令起蚕 約 25mm 約 0.230g
5令起蚕 約 40mm 約 1.350g

作業手順

催青室


  1. 1. 冷蔵庫より蚕種を取り出す

  2. 2. 催青室作業場で必要量の蚕種をはかり、催青容器に入れる

  3. 3. 催青室にて保護し孵化。温度・湿度・光の調整により2週間ほどで孵化する。

  4. 4. 孵化後、飼育室へ移動

飼育室

  1. 前室
    1. 前室で服を脱ぐ
  2. 更衣室
    2. 更衣室で白衣を着て、手を洗い、殺菌剤で手の消毒及び手袋を着用
  3. 作業風景3. 準備室で餌(人工飼料)を必要分量に切る

  4. 4. 大部屋式飼育室もしくは両国式飼育機から、蚕の入った飼育箱を作業場へ運び出す

  5. 5. 給餌作業を行う

ご購入はこちら